近所の猟師さんにイノシシ肉を頂いたので角煮にしてみたらご飯がすすむクン

広告




近所の猟師さんにイノシシ肉を頂いたので角煮にしてみたらご飯がすすむクン

先日、映像制作のために近所の猟師兼農家さんを訪ねて映像を撮っていたら、お土産でイノシシの肉をくれました。
ボクも猟師なのでイノシシの肉なんていらないだろうと思われるかもしれませんが、いやいやボク超ショボい猟師なんで、イノシシなんてなかなか獲れませんし、獲っても捌くの超大変なんでなかなか手に入らないんです。

近所の猟師さんを訪ねたら頂けるかもしれませんが、捌くことの大変さを身をもって知っているので、なかなか貰うことに気が引けるのです。今回はあげると言ってくれたので貰いましたが…

で、貰った貴重なイノシシ肉。ヘタに料理すると臭みが残るので、臭みを誤魔化せるであろう角煮にしてみました。

DSC02595

今日のお昼ごはん。

どうですか。フォトグラファーなんでいかにも美味そうにいい感じ撮れていますよね。実際めちゃめちゃ美味かったです(笑)

ちょっと臭み(牛肉のレバーっぽい)が残ってますが、美味すぎてご飯がすすむクンです。これではご飯がいくらあっても足りないレベルです。今夜はこの肉を使ってレタスチャーハンにしてみようと思います。

やっぱイノシシ肉のポテンシャルめちゃめちゃ高いなーと、超久しぶりに実感しました。

イノシシ、そろそろ脂がノッてくる季節なんで獲りたいですね。
そして猟師としてももっともっと活動したいところです。

広告




LEAVE A REPLY

*

広告