RX100Vで動画を撮るために絶対にやっておきたい可変式NDフィルターの取り付け

広告




RX100Vで動画を撮るために絶対にやっておきたい可変式NDフィルターの取り付け

こんにちは。
映像制作を中心にクリエイター業を営んでいる小林大介です。

RX100Vを動画撮影に使う場合に必ず持っておきたいもの…というよりもカスタムしておきたいモノを今回は紹介してみましょう。

この動画を見て頂けるわかるんですが、自作でカスタムして可変NDフィルターを装着出来るようにしてみています。

RX100Vを買って動画を撮ってみた時に困ったことが2つあって、そのひとつに、シャッタースピードを簡単に換えられないということと、明るいシチュエーションではシャッタースピードを50とか60に固定出来なかったことです。

何しろボディがとにかく小さいので、シャッタースピード専用のボタンなどが設けられていることもあるわけがないので、シャッタースピードを変更するために、二回ほどダイヤルをいじってやらないと、シャッタースピードが変更出来ないのです。

その上、シャッタースピードが1000とかになってしまうシチュエーションが多くあったので、これでは動画撮影には厳しいなーと思っていたので、思い切って自作でカスタムをしてみたというわけです。

DSC09943.jpg

しかしこのRX100V。
かなり優秀で、もともとNDフィルターの8を設定出来るようになっていますので、これを使うことによってそれをかなり軽減出来ることが出来ます。

ボクも買ってハワイに行ってきた時に結構このカメラを使って動画を撮っていた時に、このND8のフィルターをかなり頼りにしていましたが、もっと便利に確実に使っていきたかったのです。

これなんかはもうどれをRX100Vで撮ったのか分からないレベルなんですが、携帯性は最高でも操作性に結構困っていたりしました。

SONYから純正が出てた!

ただ、今調べているとなんとSONYから純正でフィルターを取り付けられるアダプターが販売されてました!
えー!全然知らなかった!

サードパーティー製のモノは発売されていることは知っていましたが、SONY純正からは全く知りませんでした。
しかも結構安く、2600円ぐらいで購入できそうです。

そんな訳で、RX100Vに限らず、RX100Ⅳあたりからは動画機能が最高になってきていると思いますので、これからRX100を使って…もしくは買って動画やVlogなんかを撮っていきたいと考えている方々は、ぜひこのフィルターアダプターも合わせて装着して撮影に挑んでみてください。

もしくはボクのように自作するのも良いと思いますよ。

DSC09947.jpg

自作だと800円程度。見た目はちょっと強引ですが、使い心地は決して悪くありません。むしろこれ最高です。

YouTubeもアップしています!

YouTubeもやっていますので、こちらにRX100Vを使ってバンバンVlogなんかを撮っていきたいなと考えいます。
カメラ機材や写真、映像制作、ドローン、釣り、猟、DIY、料理などなど、フリーランスだから出来るライフスタイルをクリエイティブにお届けします。

DAISUKE KOBAYASHI – YouTube

そんな訳で是非是非YouTubeチャンネル登録していただけたら、頻繁に更新すると思いますのでよろしくお願いします。
男子が興味が湧くようなコンテンツとなっていると思いますので更新をお楽しみに!

広告




LEAVE A REPLY

*

広告