ブログ, 釣り

2021年 アマゴを狙って渓流釣りの準備

広告

こんにちは。
限界集落に住む映像クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです。

昨年からコロナウイルスの影響?もあり本格的にやり始めた渓流釣り。今年はどれだけ行けるのか分かりませんが、先日は釣具の整理ついでに渓流釣りの準備をしていました。

 

細かくまとめていくのが苦手なため、ジャンルごとに必要なルアーはすべてタッパーに入れます。

 

釣具屋で目ぼしいルアーも仕入れてきました。

 

ダイワのドクターミノーⅡというもの。同じダイワのシルバークリークが昨年使い勝手がよかったのでそれが欲しく、それを買ったつもりだったのですが、帰ってきてみていたらシルバークリークからドクターミノーに入れ替わっていました。そんな不思議なことがあるだなと思いながら、ドクターミノーを使うのが楽しみで仕方がありません。

ダイワ(DAIWA) トラウト Dr.ミノー2 クロキン 70F ルアー

ダイワ(DAIWA) トラウト Dr.ミノー2 クロキン 70F ルアー

854円(04/14 23:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

こちらは昨年相当な釣果を叩き出してくれたダイワのシルバークリークのスピナー。スピナーはホントよく釣れるのでこれから渓流釣りを始めてみたいって人には超オススメのルアー。

 

ボクが行く渓流は主にアマゴが釣れますが、他にもウグイやカワムツなんかも釣れるため使っていて全く飽きません。魚のチェイスも相当ありますのでかなり楽しめるルアーなのです。

3.0gを中心に使っていましたが、今年はもう少し重たいのも使ってみようということで4.0gと6.0gを追加。こちらも使うのが楽しみです。

 

そして新たに使ってみようと思い購入したのがこちら。渓流釣りの超定番でもありオールドスクールなハスルアー。いわゆるスプーンというやつですね。こちらもどれぐらい魚の反応があるのか楽しみです。

 

そしてこちらは新しく購入をしたわけではありませんが、深くに落ち込んでいる魚を釣ることが可能なミッドダイバー系のミノー、スミスの『D-コンセプト』。これがめちゃめちゃ釣れる。しかも釣れる魚もどう猛なためデカい。もう一個ほど買い足したいなと思っているのです。

流れ込みの深場に潜む魚の目の前を通して釣ることが可能なので、渓流釣りをするなら絶対に一個は持ってくことオススメします。

 

そしてタックルは鱒レンジャーに1000番代の安価なリール。しなやかさがありながらもパワーも申し分ないため、あらゆるルアーを一本で使えるのがうれしいし、何より使っていて楽しいのです。一度使ったら病みつきになるのです。

一時期アマゾン等でやたら高値で売られていましたが、最近需要に対し生産が追いついてきたみたいで、釣具屋さんに行くと山のようにおいてありますので、一度近くの釣具屋さんに足を運んでみると良いですよ。

 

今年初の渓流釣り


3月前半に軽く行ってきた渓流釣りをYouTubeにアップしています。この時は釣れたアマゴは一匹でしたが、アマゴのチェイスもバラしもあり、魚からの反応が思った以上にあったためかなり楽しい釣りになりました。