ブログ, 釣り

釣りをし過ぎるとアホになる

こんにちは。
限界集落に住む映像クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです。

この春オーストラリアでの釣り生活以降、久しぶりに釣り熱が発症してしまい釣りする日々を送っています。決して釣り上手ではありませんが、釣りをしている日数が人よりも圧倒的に多いため、それなりに良い魚たちを釣り上げることが出来ています。

 

釣った魚は天ぷらやフライなどにして美味しく頂いており、メインの食材をスーパーに買いに行く必要がない生活をここ一ヶ月は送っております。スーパーで買うものは大葉とかネギとか納豆ぐらいです。マジです。

『釣った魚を自分で食べる』

これは誰にでも出来ることではありませんし、これを出来ているボクは非常に幸せなことであることは間違いないのですが、久しぶりに釣りにハマって感じること。それは釣りをするとどんどんアホになっていくなということです。

これはどういうことかというと…

 

釣具を必要以上に買ってしまう

例えば釣具を沢山持っているにも関わらず、もっともっとと買いたくなってしまう衝動に駆られてしまいます…というか実際に買っています。先日も釣具屋に入り浸っていました(笑)

魚を釣ることが目的の釣りにおいて重要なのはルアー等の釣具ではなく、潮や時間、場所を合わせることです。もっと言えば魚に合わせること。それが出来ればそこまでルアーは関係なく、サイズ等を合わせればなんであれ必然的に魚は釣れてくれるのですが、アホになってしまうと魚を釣って食べることを釣りの楽しみとしているはずなのに、色んなルアーを使うことや買って集めていくことが楽しくなってしまうのです。特にアホだな~と思うのがルアーの選び方。YouTubeを観過ぎている所も否めなく、YouTubeで観たルアーをついつい安易に買いそうになってしまうのです。結局買ったのは二個ぐらいに留まりましたが、まあ見事にアホモードに入っていますよね。

昨今の釣り市場を冷静に俯瞰して見渡してみると、まあなんとも言い難いものがあるのですが、アホになるとついついその市場にのっかってしまっているのです。

アホになって乗っかることは、それはそれで楽しいことではあるのかもしれませんが、程々にしておかないといけませんよ!と、今アホになっている自分に言い聞かせています。

何しろ釣りは自然相手です。答えはYouTubeやルアーにあるのではなく、常に現地にあるのですから。

 

セロトニンではなくアドレナリンが分泌している

人にはセロトニンやアドレナリンなどの脳内物質があると言われております。

セロトニンという物質は、人を幸福にする作用のあるモノで、ボクは常々セロトニンを分泌した人生を送りたいと考えており、それを意識して生活するようにしております。

一方でアドレナリンは興奮したりする時に分泌する物質のようで、一時的なパワーや集中力などに向いていると言われています。アドレナリンは一時的にはパワーの出るもののように感じてはいますが、出ると後々疲れる印象もありますし、短期的な幸福は得られても長期的な幸福感は全く得られませんので、ボクにはあまり必要のないモノだという認識でいます。

にも関わらず、ここ最近釣りをしていて思うのはセロトニンではなくアドレナリンが分泌しているなーと感じるのです。釣りをしていて魚が釣れた時には『オッシャー!』とアドレナリンが分泌し、興奮状態にあるため、集中力などは通常よりもアップしているのですが、そうした興奮していることにどこか楽しさというか快感のようなモノを感じているのです。動物的になっているというかそんな感じがするのです。

要はアホになっているということです。

ボクは勝ち負けという考え方が非常に苦手で、下らないとすら思っています。プロフェッショナルではない人の釣りの競争は本当に下らないと思っています。にも関わらず、興奮することに楽しさを覚えてしまっているし、どこかで人よりも釣れている!などと自慢気になっている部分も少なからずあります。これは良くないし本当に下らない思考だと感じています。

人よりも大きな魚を釣ったり、人よりも多く魚を釣ることなど、本来ボクにとってはどうでも良いことのはずなのに、どこかで人よりも多くの魚を釣ることに悦を感じている所があるように思うのです。まぁ完全にアホになっている証拠です。

 

【以前に友人が釣った思い出のメジロ。この時は友人が良い魚を釣り上げて本当に楽しかった。】

ボクは自分が魚を一匹釣ったら、それを隣の友人にも釣れるように場所を譲りたいと思っていますし、実際にそうするようにしています(セロトニンが分泌します)。自分だけ釣って『どうだ!オレのほうがすごいだろ!(アドレナリン分泌中)』などといった傲慢な考えは、基本的には一切もっていません。

にも関わらず、ここ最近はそうしたことにどこかで悦を感じてしまっているのです。自分のことながら非常に残念です。

 

改めて釣りの楽しさを感じられるように

ということで、これからの釣りを見直していこうと思っています。

自分だけが魚を釣って楽しむ釣りなど本来どうでも良く、一緒に釣りに行った友人とその楽しさを共有したり、釣ってきた魚を家族で美味しく食べたりすることが、ボクの幸せの基準だったりしますし、それが多くの人にとっての幸せの基準でもあってほしいと思っています。

そして少なからずこうしたアホになっている人は、釣り人に多い傾向にあるように感じています。もし家族や友人でこんなアホな人が居たら、そっと教えてあげるようにしましょう。