ブログ, 釣り

なかなか釣れない青物とメバル用プラグを購入(2022年釣行26日目)

こんにちは。
限界集落に住む映像クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです🎣

カマスやメバルの釣れ具合が良くなってきていますが、青物は一向によくありません。

近所の漁港ではあり得ないほどのブリが水揚げされていたり、サーフからナブラもかなり見かけるのですがなかなか釣れるまでには至らないのが現状といったところで、釣行26日目の青物釣りにもそんな感じでボウズとなってしまいました…

トンビが岸に打ち上げられたベイトを狙っている光景もあるほど、ベイトは十分岸に隣接しているような状況ではあるのですが…

かなり沖の方ではサワラやダツ、かなり太めのブリが飛び跳ねている光景も見られ、いつ釣れてもおかしくないような状況でもありましたが、サーフにいる釣り人20人以上は居たと思われますが、見渡す限り誰一人として釣れておらず…

う〜ん…なかなか爆発してくれませんね。

こういう魚が居るのに食わないって時は、ルアーの違いによって明らかに反応が変わる時があるので、この日はひたすらローテーションしてみましたが全くだめ。

今年はまだメジロ2本しか釣っていませんのでそろそろ大物を釣りたいところではあります。

話は変わってメバル釣り用にプラグを購入してみました。

というのも今までメバル釣りにはあまりプラグを使ってきたことがなかったのですが、先日ワームにはシビアだけどプラグにはバコバコ当たるってことを経験しまして「これは面白い!」と。

なので、ルアーのタイプによってどれぐらい反応の違いがあるのかを試してみようと考えているのです。

タックルハウスの「ピットスティック」で釣れたらかなり面白そうなので期待しています。この手のプラグはアレですかね…アミを食っている時に有効だったりするんですかね?

プラグもサイズの割にいい値段するので、こういう気が乗ったときにしかなかなか買う気もおきなかったので、丁度良いタイミングで気が乗りました。

メバルから反応が得られそうなプラグ類をかき集めてみました。次メバル釣りに行くのが楽しみでなりません。