ブログ, 釣り

ほぼ源流でアマゴが入れ食い(2022年釣行34日目)

こんにちは。
限界集落に住む映像クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです🎣

2022年釣行34日目もまたアマゴ釣り…とは言っても先日は河川でのアマゴ釣りに対してこの日は渓流というかほぼ源流でのアマゴ釣り。

とある撮影案件のアイテム撮影用のための釣りで、合わせて釣行も兼ねて早朝から出撃してみましたが…

もう一投目からヒット。

渓流釣りを本格的に始めて3年ぐらいになりますが、アマゴの入れ食いを初めて味わいました。

源流に近いためか?全体的に小型のアマゴが多いのですが、チェイスは毎投だし数匹の群れでやってくるし、バラシこそ頻繁にありますが、数撃ちゃ釣れるみたいな感覚でした。

 

案件撮影が出来ればいいやと思い、軽い気持ちでやってきた渓流でしたが、結局釣り歩くのが楽しすぎて数時間…釣れたアマゴは20匹、バラした数も20匹以上でした。

仕事用の撮影のことばかり考えてしまっていたため、記録的な写真はほぼ撮れていませんでしたがお持ち帰りは7匹ほど。

チェイスは山のようにありまして、上手い人ならもっと釣っていたんだろうな〜と考えると近々もう1回行ってみるしかない!ということで、近日また行ってみることにします。

で、使ったルアーは新しく使ってみたダイワのシルバークリーク、スローフォールカスタム。

これが魚からの反応がめちゃめちゃ良くて驚きました。