DAISUKE KOBAYASHI

GOT CREATIVE!

広告

鹿を解体してみたいと考えているヒトは是非徳島県の家へどうぞ

鹿を解体してみたいと考えているヒトは是非徳島県の家へどうぞ

今年から猟に力を入れており、連日鹿が獲れてます。

IMG 9562 1

可哀想と思うなかれ…種類は違えど、皆さんが一般的に食べている牛や豚や鳥は毎日数え切れないほど誰かの手によって殺されており(しかも殺されるために飼育されているわけだし)、皆さんは毎日働いて稼いだ給料で、それらの肉を買っているわけです。

世の中一体何が残酷で、何が可哀想なのか、本当に見失いがちになってしまいますが、ボクは「自分で食べる肉は自分で獲りたい」なんて考えから、こうして猟を始めることにしたんですよね。

だから基本的にボクはスーパーでお肉は買いません。もちろん買う時もありますが基本は買いません。まあ外食することが多かったりするので、お肉は普通に食べてはいるんですけどね。

しかし、猟をいざ始めてみるとこれが大変。解体するまでなかなか手をつけられず、最初はただ害獣としてみなし、「駆除」しているだけだったのですが、駆除だけをやっていては、ボクが猟師になった本当の理由を見失ってしまいそうになっていたので、ここ最近は獲ったら出来る限り解体をし、料理をするようにしています。

IMG 9545 1

正直鹿肉ってボク、あまり好きではなかったんですが…というのも鹿ってホルスタインっぽい臭いみたいなのがして、苦手なんですが、キチンと解体したら美味しくなるんですよね。(今、スーパーに普通に売っているお肉も何かしら「美味しく食べるための工夫」の上、売られているんですよね…)

最近はそんな美味しくお肉を頂く方法を探していたりします。というのも、いつか今住んでいる町にジビエの加工場なんかを作れたらうれしいなとも思っていたりするので、そんな手始めにもなればなという思いです。

と、ボクはこうしたことに色んな思いや考えがあったりするので、こうしたコトを書き始めると止まらなくなってしまうのですが、今回は鹿を解体してみたいヒトは是非家に来てください!というお誘いです。

なかなかこうしたことを体験する、出来る場所って、田舎でも少ないと思っているので、猟師になりたいって考えていたり、ジビエに興味があるってヒトはチャンスかなと思ってます。

家は宿泊も出来るので、泊まりがけで猟や解体を学んでいってもいいかもしれません。鹿も正直いつ獲れるか分からないので、泊まり込みでこれらるのか確実ですね。

こうした体験は無料で提供しようとは考えてませんが、今はまだ完全にプロトタイプなので、泊まりこみでも格安で提供しようとは思ってます。

興味が湧いたヒトは是非ご連絡ください。

因みに家はこんなところです。

DJI 0006 1

左に見えるのが家。山の谷間に住んでます。そんなところに住んでいるので、電波届きません(汗)。因みにこれはドローン空撮静止画です。

IMG 8850 1

夜は満天の星空です。ヤバイです。運がいいとサテライトが動いているのが見えます。マジで。

IMG 9167

最近はしだれ梅が咲き乱れてます。

というわけで、興味のある方は是非!

LEAVE A REPLY

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください