カメラ, ブログ

広告

DJI MavicAir2を使った感想

こんにちは。
映像クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです。

先日、DJIのドローン『Mavic Air2 FlyMoreコンボ』を、とある所からお借りしました。

DSC08343

先ず大前提として、ボクはかれこれドローン歴は5年近くになってしまして、使ってきた機種はPhantom3から殆どの機種は使ってきているため、それなりに経験と知識があると言うことが出来ます。

現在は同じDJIのMavicMiniを、『200g以下だからどこでも飛ばせる』ことを強みと考え、メイン機としていますが、『4Kで撮れない』『フライト時間が短すぎる』などなど、軽い、小さい、200g以下故のデメリットが多くあるのも事実。

なので約2ヶ月ほど前に発売された『DJI Mavic Air2』が気になって気になって…
という感じでしたので少しの間だけお借りすることが出来ましたので、折角なのでボクのブログにも色々と書き残しておこうと言うわけです。


YouTubeにVlogを撮っていたりもしますので、こちらを観てもらってもそれなりにMavicAir2の良さは伝わるのではないかと思われます。10分程のVlogですがのんびりと見てもらえたらと。

で、Vlogでもちらほらと呟いていると思いますが、率直な感想を書いてしまうなら『これ思っていた以上に最高!!』という感じです。

 

飛行時の安定感は抜群!!

DSC08357先ず飛ばしてすぐに感じたこと。飛行時の安定感の抜群具合。これはいままで多くのドローンを飛ばしてきたからこそわかるのですが、かなりの安定感があります。

MavicProなどのワンサイズ大きなドローンももちろん安定感は抜群に良かったのですが、それ以上の安定感が保たれているような気がします。

テクノロジーのおかげなのか?確かなことは全く分かりませんが、個人的には物理的なボディサイズのお陰なんじゃないかと思っています。

 

DSC08347というのも、コレぐらいボディサイズの鳥ってかなり安定して飛んでいるような気がしているんですよね。まぁあくまでも個人的な想像ですけれどね。

 

カメラ性能は予想以上に良い!

DSC08351ボクは映像クリエイターとして活動していますので、一番気になっていたポイントはコレです。カメラ性能です。

1/2インチのセンサーということもあってか、思っていた以上にカメラ性能は良いですね。

ただ、カメラの性能はセンサーサイズに比例します。1インチCMOSセンサーを積んたMavic2Proにはやはり圧倒的に敵わないというのが正直なところですし、このMavicAir2の一番の残念ポイントかもしれません。どうせならこのボディにMavic2Proのカメラ積めばよかったのにと……

もちろん、MavicMiniや前機種のMavicAirとは比べ物にはならない解像感とレンジ幅なので、カメラはセンサー次第ということが理解できますね。

映像制作のためのカラーグレーディングを行わなかったり、ただ飛ばして撮るだけなら十分ではあるので、ドローン初心者には非常に良い機体ではありますね。

 

バッテリーの持ちが半端じゃない!

DSC08364そしてなんと言っても素晴らしいのがバッテリーのもち。
オフィシャルウェブサイトには34分と書いてありますが、実際それぐらい飛べる気がしていますし、一本のバッテリーで30分も飛べたら十分です。

先日は二本のバッテリーを使ってこのMavicAir2の各性能面を色々と試していました。一時間ほど上空にいたわけなのですが、逆に人間側が疲れるぐらいに飛んでくれるので、映像制作者からの視点でお話をするなら上空でロケハンをキチンとしてから撮影に挑めたりするなど、バッテリーのもちは完全なる正義ですね。

ドローン初心者や、ただ趣味で飛ばすって人には、もう十分すぎるぐらいのバッテリー性能です。

 

8KハイパーラプスやHDRパノラマ撮影なども

DJI 0020Bまた、8KハイパーラプスやHDRパノラマ撮影など、単に空撮での特殊機能も備えており、使い方によっては面白いコンテンツを制作してくことが出来るようになっています。

上の写真はHDRパノラマ撮影。HDRパノラマ撮影はなかなか面白く、お気に入りの写真が一枚撮れたら、印刷して部屋に飾ったりしたいなと思った次第ですね。

8Kハイパーラプスに関しては思ったより解像度が低いかなという所で残念。
というのも自動でハイパーラプスに生成されるため、ある程度圧縮された状態になってしまう様子。
この辺りはじっくりと触ってはいないため、もしかしたら綺麗に解像させる方法もあるかもしれません。

 

コンテンツクリエイターから初心者まで

DSC08345というわけでまとめ。
これほどの安定感でカメラ性能も機能もそれなり。そしてなによりバッテリーのもちは最強なので、バリバリの映像制作者(映画など)にはカメラ性能は向かないにしても、例えばボクのような映像クリエイターからYouTube向けのコンテンツクリエイター、そして何よりドローンをこれから始めてみたいと考えている方なんかにも、最適なんじゃないかと感じました。コスパも良いですしね。

8Kが撮れるCanon EOS R5やSONYから発表されるであろう新しいカメラなどなど、気がつけば年中ガジェットの新製品ラッシュに生きているボク自身、MavicAir2も含め、どれを買っていこうか迷っている所です。

 

 

 

LEAVE A REPLY

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください