カメラ, ブログ, ...

安価なレンズ『PERGEAR 35mm F1.2』で撮る映像と写真 のクオリティ

広告

こんにちは。
映像クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです。

超零細ながらもYouTubeチャンネルを運営しているとレビュー依頼がくるもので、基本的には使ったことがないモノに対しては好奇心旺盛なため、お話が来たら何でも使ってみたいと考えている人間です。なのでレビュー依頼はお受けすることが多いです。(もちろん断ることも多々ありますが…)

…で、今回はこんなアイテムのレビュー依頼を頂きましたのでご紹介。

 

安価なレンズ『PERGEAR 35mm F1.2』

『PERGEAR 35mm F1.2』というレンズ。
中国製のレンズのようで、『めっちゃ激安っ!!』とは言えないまでも、それなりの価格(約一万円)で購入出来るのは、今多くの方がミラーレスカメラを始めとするカメラを使い始めているこの時代にはうれしい限り。

カメラをよく知っている方ならご理解いただけると思いますが、カメラはボディを買って終わりではなく、ボディを買ってしまったらそれは始まりに過ぎないということなのです。

映像なり、写真なり、カメラを使って何かを撮る際に最も重要なのはカメラはもちろんですが、何よりレンズによってそれが顕著になります。

そうしたことを前提に考えると、この手の安価レンズを使ってみることはカメラ人生において非常に良い経験にもなるでしょうし、もしかしたらこの価格帯のレンズでももしかしたら十分と感じてしまえるかもしれません。

 

ボクが使ってみた映像や写真のクオリティ、またスペックなどはこちらのYouTube動画を一度観て頂けたらと思います。

APS-C用のレンズとなっており、焦点距離は35mmなため、フルサイズ換算すると約50mmで撮れます。なので初心者から上級者まで扱いやすい焦点距離ですね。

F値はまさかのF1.2。いわゆるカメラメーカーのレンズでは考えられないほどの明るさで、カメラメーカーがこの明るさのレンズを作ったのなら価格は軽く15万円以上はしますが、使ってみれば納得。開放はまともに使えたものではありませんので、実質F2.8ぐらいだと思ってください。

しかし、とてもこの安価なレンズで撮られたとは思えないほどのクオリティで映像や写真が撮れているのがご理解頂けると思います。

映像であれが4Kで撮っていること、写真であれば現像がそれなりに得意というのも大きな理由としてありますが、なによりこのレンズ、よくも悪くも癖が全くなく、非常にフラットな状態で撮ることが可能なので、撮る設定をキチンしてあげればソフトウェア側の工夫次第でどうとでも見せることが可能になるのです。

これを一万円代で購入出来るのは本当にすごいなと関心しますが、ではいわゆるカメラメーカーなどが作るレンズとの差は?というと…

 

オートフォーカスや手ブレ補正、なにより精度が甘い

そもそもこのレンズ、オートフォーカス性能がありません。
いわゆる昔のオールドレンズやフィルム時代などのレンズにみられるタイプの作りになっているのです。

また、レンズ内手ブレ補正がバッチリに効いたレンズも昨今多くなっているのですが、そうした便利機能も一切ありません。

そのため、作りも見た目も非常にシンプルで、良くも悪くも使い手の技術力が非常に重要になってくるのです。

そうした機能が付いていないおかげで軽さや小ささを実現出来ていはいますが、じゃあ仕事で使えるのかと言ったらそれはちょっと難しそうですね……あくまでも趣味の範囲で使うことを前提と考えるとが良いかなと思います。

そして一番頂けないのは精度の甘さ。

Eマウントになっていますが、マウント部分の精度が甘すぎる。
送られてきた時からレンズキャップがグスグスですし、レンズを取り付けても少し遊びがあります。

これによって撮った素材になにか影響がある訳ではありませんが、こうした精度の甘さが安価な理由なのだなと感じますね。

カメラを扱っている方はこうした精度の甘さに対して厳しい意見をお持ちの方も多いのと思いますので、これはメーカーが改善をしていくべき点でしょうね。

 

おわりに

とは言っても、約一万円でレンズが楽しめるのはうれしい限り。

『PERGEAR 35mm F1.2』に興味を持ちましたらこちらの『5%クーポン:P98MD7F54JY0』を使ってくださいね。

 

 

 

 

LEAVE A REPLY

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください