ブログ, 田舎暮らし

今年はスダチが豊作です

こんにちは。
限界集落に住む映像クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです。

徳島県の限界集落に住み始め、かれこれ7年の月日が経とうとしています(あれ?8年だったか?)。これほどの月日が経つと時期によって毎年の楽しみがあったりするものです。今時期であれば例えば『スダチ』。

 

徳島県民ではない方はこの手のタイプの柑橘系を見ると十中八九『カボス』と間違えると思うのですが、これは『スダチ』。徳島県のすだちのシェア率はなんと97%なので、皆さんが口にする…もしくは口にしたことのあるスダチはきっと徳島県産だったはずです。

キュッと絞ったスダチでいただくお寿司、美味しいんですよね。

 

4月頃から花が咲き、5月頃から実をつけ始めまして、7~8月頃に収穫が出来るのです。

スダチは基本的に高級な食材として扱われていると思いますが、徳島県では庭にスダチが植えられてる家も多く、ボクが住んでいる限界集落の家の庭にも植わっていますし、妻の実家にも植わっています。

なので、言ってしまえば収穫の時期になるとそこら中スダチで溢れかえるすだち天国になるのですが、この現象は徳島県全体で起きます。

山梨県かどこかが桃の生産地として有名で、時期になると桃が食べ放題になると聞いたことがありますが、きっとそんな感覚です。

なんならスダチよりも絶対に桃の方が絶対に良いに決まっている。だってスダチと違って桃は食べられるから。

 

ということで先日は、妻の家の方のスダチの木を剪定してみました。元庭師ですので、これぐらいの剪定はお手のものです。

しばらく放置されていたスダチの木でしたが、昨年にバッサリと小さくしたことによって、昨年はほとんど実が付かずじまいでした(…とは言っても100個は採れたかな)。

なので今年は豊作となっていますね。ついでにもう少し小さくしようと言うことで、実の付いていない枝も抜いて剪定をしてみたのです。

 

軽く見た感じ、相当な鈴なりになっていますので今年の収穫が今から楽しみなのです。

 

岡恒 剪定鋏 200mm NO.103

岡恒 剪定鋏 200mm NO.103

2,917円(06/18 15:25時点)
Amazonの情報を掲載しています