ブログ, 映像

AputureのAmaran 200x

こんにちは。
限界集落に住む映像クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです。

昨年後半からインタビュー撮影をすることが多く、その中で色々と課題が見えてくることがありまして、その課題の中のひとつにLEDビデオライトがあります。

ボクは基本的には自然光が好きなため、出来る限り自然光を活かした映像を制作するように心がけているのですが、インタビュー撮影時にはどうしても人の顔に陰が落ち込みがちになることから、LEDビデオライトは必須にはなります。

しかし今使っているLEDビデオライトだとどうしても光が足りない…そんなシチュエーションが多かったために新しく新調してみました。

LEDビデオライトといえばAputure。このメーカーのamaranというシリーズの200xというビデオライトを購入してみました。

このamaranシリーズ、コスパに優れていたり、軽量だったりと、現在の映像制作スタイルに合わせてリリースされたシリーズのようで、今のボクにピッタリ!ということで迷わずコレを選びました。

因みに以前使っていたLEDビデオライトはGodoxのSL60w。こちらこそコスパに優れており軽量なビデオライトなのですが、やっぱり光量は足りないシチュエーションも多々あるため乗り換えです。

ビデオライトを初めて使う人なんかは手軽に購入出来てオススメです。

基本的にはGodoxのソフトボックスを使って、光を和らげて使います。

こちらのソフトボックス、非常に安くて良いのですが、折りたたみ式ではないため毎回現場に持っていくのが嵩張るのが難点なので、こちらもそろそろAputureの折りたたみ出来るコンパクトなモノにアップデートしたいなと考えている所です。

このamaran。ランクが2つぐらいあって、今回ボクが購入したxのモデルは光の色を変更できるタイプになっています。

2700ぐらいから5600ぐらいかな?多分。

まだ購入したばかりで使っていないので、これから使っていくのが楽しみです!