ブログ

3軸電子制御ブラシレスジンバル Beholder DS1を使いなおしています

買ったは良いものの、なかなか使う必要がなかった3軸電子制御ブラシレスジンバル。
改めて使い方を模索したところ、めちゃめちゃ使える機材へと昇格しました。

DSC01263

以前は片手のみで操作する方法を選んでましたが、軽い機材を使用している(SONY a7S2 or SONY a6300)と言っても、実際これがなかなか疲れるんですよね…

それに片手だとなんだか不安定で、自分もカメラ側もバランスを崩しやすい気がしていましたが、この3軸電子制御ブラシレスジンバル「Beholder DS1」に付いていた両手持ちハンドルを装着してみると、なんとこれがめちゃめちゃ扱いやすくなったんです。

こんな両手持ちハンドルなんか使うわけねーだろ!と思ってましたが、いや〜付いてて良かった笑

なので今は上の写真の通りのような感じでガンガン使用しています。
今年いっぱいは6件の映像制作案件が入ってきてまして、すべての制作にこれを持ち出します…ので壊れない事を祈ります。

基本的に32bitを載せただけの中国で作られたしょぼいプロトタイプなので、写真の通りガムテでガチガチに固めて最悪の事態(カメラの落下)は避けられるように工夫をしています。

DSC01269

手ぶれ補正の付いているSONY a7S2を載せることはあまりせず、手ぶれ補正の全くないSONY a6300を載せて、いい感じの手ブレ感と、全然ブレない感じの美味しい所を撮って使うようにしています。←これかなりオススメ。

しかもカメラをはじめとする機材がとにかく小さいので、小さめのバックパックに2カメが入るので、ホントにオススメです。特にa6300は軽くて小さい割に、映像が綺麗すぎる!

これは一年ほど前に撮ったサンプル。この映像は縦揺れがちょっと気になりますが、両手ハンドルを装着したことにより、縦揺れは解消できるようになりました。歩き方がめちゃダサくなりますが…

というわけで今更ですがBeholder DS1めちゃオススメです。

アマゾンでの評価は最低ですね(汗)
モノが悪いというよりはディーラーが良くないようです。

ちょっと値が張りますが、こちらであれば間違いないでしょうね。ボクもこのBeholder DS1が壊れたら、こちらの購入を考えてます。

コストを考えると、これでも良いかもしれないですね。パイロットフライの半額。

そして載せるカメラのオススメはコスト面からも考えると圧倒的にこれですね。めちゃめちゃいいカメラ。

LEAVE A REPLY

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください