DAISUKE KOBAYASHI

GOT CREATIVE!

カメラ, ブログ

広告

SONY RX100のお試し写真撮影

RX100M5を買いまして、めっちゃ良いクオリティ動画が撮れて良い買い物をしたと感じていますが、買った時に写真撮影ももちろん合わせてしました。

が、なんだか納得のいかない写真たちばかりが撮れてしまったので、改めてサクッと撮ってみました。軽く10分程度。

とりあえず今撮ってきた写真たちを現像してみました。

DSC09148

DSC09154

DSC09166

DSC09175

DSC09181

DSC09201

DSC09209

DSC09230

DSC09235

どうでしょうか。これを見る皆さんはどう感じるんだろうか。

ボクは暗めでドラマティックな感じが好きなので、どうしても明暗をつけたくなるんですが、最初に撮った印象よりもなかなかいい感じに撮れたなと思っています。

jpegの撮って出しだとちょっと厳しいかな…
カール・ツァイス独特のパリッっと感が出すぎるし、コントラストきつすぎるので、もしこれで写真をバリバリ撮りたいと考えるのであれば、是非Raw現像を覚えましょう。

ただやっぱり普段ミラーレス一眼レフを使っているので、操作性やレンジ幅、表現力は全く敵いませんので、写真機能は特に使わないかなーと言った感じですね。

小さすぎて扱いづらい…

ボディが小さいのはとても良いことだと思いますが、写真撮影に関してはa7シリーズ以上小さくしてしまうと正直めっちゃ扱いづらいです…a6000シリーズも写真撮影に関してはちょっと小さすぎるぐらいです。

小さすぎて余計なボタンなどめっちゃ押してしまいますし、いつの間にか動画とか撮ってたりします。なので小さいのも程々にといった感じですね。

M6が発売されましたが、確かM6はタッチパネルなんですね。
ボディが小さすぎてポチポチ余計なセッティングになること必須だと思いますが、実際使い勝手はどうなんでしょうね。
ボクは小さすぎて液晶部分を持って撮影していますので、タッチパネルだと逆に扱いづらいかなーと思いますね。

そんな意味でもM5を買ってよかったなと思っています。

と、ちょっと写真に関しては酷評気味ですが、めっちゃ気に入っているカメラなので、皆さんも是非買ってみてはどうでしょうか。動画性能は最高ですね。

Lightroom Presetの販売を開始!

デジタルコンテンツ販売サイトを立ち上げ、Lightroom用プリセットの販売を開始しました。

今回はSUMMERとVINTAGEの2つご用意。
コーヒー一杯分で一生写真が楽しめるコンテンツです。
現像を楽しみながら使い分けてください!

Lightoom 2Packs Preset の販売を開始! | | DAISUKE KOBAYASHI

LEAVE A REPLY

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください