2018年も猟期が始まります!猪(イノシシ)獲りたい!

広告




2018年も猟期が始まります!猪(イノシシ)獲りたい!

こんにちは。映像制作を中心に徳島県南部の田舎にてクリエイター業を営んでいる小林大介です。

今年もこの季節がやってきました。

DSC09606-2.jpgジャーン!猟です。猟期が今年も11月15日からスタートです。映像制作を生業としながらも、こんなことをして田舎でめっちゃ楽しんでます。

猟というと軽トラを持ってライフルや散弾銃なんかを積んで、山に入って鹿や猪を獲るイメージを持たれる方は多くいらっしゃると思うんですが、ボクは銃も使わなければ山にもあまり入りません

銃を所持するのも税金や許可や、そもそも銃を買うのに何十万円もするので、そうした意味で色々大変ですからね。なのでボクは罠を専門に猟を行っています。これしばらく放ったらかしになってしまっているので、廃棄物(汗)のような感じに見えますが、まだまだ全然使えます。

これを山の入り口付近に仕掛けて、里山にエサを求めて降りてくる鹿や猪を狙って獲るという方法なんですが、これが多分一番楽といったらおかしな話かもしれませんが、手っ取り早く猟をすることが出来るので、ボクの住んでいる町ではこうした方法で猟師として活動している方が多くいらっしゃいます。

それでボクは軽トラを持ってないんですが、かなり人里離れた山奥に住んでいるため、歩いて見回ることが出来、もし鹿や猪が獲れたらそのままその付近で解体をすることも出来るので、軽トラが絶対に必要ということもありません。

Sky008.jpgこれがボクが住んでいる谷。こんな感じのところに住んでいるので、山の入口付近のけもの道を狙って罠を仕掛けるってわけです。

以前は軽トラを、猟師仲間三人で所有していたこともありますが、壊れてしまってからは所有するのをやめました。軽トラって田舎では人気ですし程度の良い四駆だと結構高いんですよね。そんなことを考えるととてもじゃないけど所有するのって無理なんです…

そんな感じなので、今の猟法にいたっているってわけです。

今年も猪を獲ります!!

さあ、それで何が楽しみかって猪です。
冬になると猪は脂を体にめっちゃ蓄えるので、冬の猪の肉はめちゃくちゃ美味くなるのです。

こちらは今年の2月に獲った猪を〆るところから解体までを撮ってYouTubeにアップしてみましたので、解体風景が苦手でない人は是非見てみてください。

今年は何頭穫れるか分かりませんが、猟期がスタートしたら頑張って獲ってみようと思います。めっちゃ大変ですけどね…
そんな様子もYouTubeにアップ出来たらと思っておりますので、お楽しみに!

DAISUKE KOBAYASHI – YouTube

そんな訳で是非是非YouTubeチャンネル登録していただけたら、頻繁に更新すると思いますのでよろしくお願いします。男子が興味が湧くようなコンテンツとなっていると思います!多分。

猟師になるために参考にした本

そうそう、猟師になるために…というか猟師って面白そうだなーと思って参考になった本がこちら。

漫画なんですが、ボクの猟師の原点はこの山賊ダイアリーですね。

さっきAmazonで猟師の本を物色してみると、今めっちゃ出版されているみたいですね。数年前は選べるほどしかありませんでしたが、山賊ダイアリーなんかをキッカケにマーケット市場がバッと広がったようですね。

どの本も参考にはなると思いますが、個人的には漫画でライトに、そして深く楽しめる山賊ダイアリーはめっちゃおすすめですね。あと猟師じゃないけど平坂寛さん。

さて、ちょっと猟場を見回ってくるかな…

広告




LEAVE A REPLY

*

広告