恥ずかしながらYouTubeの可能性に気づいたのはつい最近でした…

広告




恥ずかしながらYouTubeの可能性に気づいたのはつい最近でした…

こんにちは。
映像制作を中心にクリエイター業を営んでいる小林大介です。

YouTubeって面白いですよね。ホント面白くて毎日観ていますし、毎日何をアップしようかと考えています。

ボクがYouTubeの存在を知ったのは確か2007年ぐらいだったかな?当時は音楽に明け暮れていたときで、誰かのCDを勝手にアップしたりしているコンテンツが多かったため、「何だこの著作権侵害サイトは?こんなものさっさと淘汰されろ!」と、かなりマイナスなイメージしかありませんでした。

今でも完全な著作権の侵害コンテンツは後を経ちませんが、それ以上に観ている人も、作っている人もクリエイティブにしてくれる、すっかり多くの老若男女に知れ渡ったプラットフォームとなりました。

実はボクはYouTubeの魅力というか影響力に気づいたのは恥ずかしながらつい最近で、約2年ほど前でしょうか…

何の気なしに映画を観ている時に…確かジェイソン・ボーンだったかな…ボクの大好きな俳優の一人エドワード・ノートンが、「誰かがYouTubeにアップしてるぞ!」的なことをセリフで言うんですよね。

その時にボクはかなり衝撃を受けました。「あれ?YouTubeってもうそんな存在だったんだ…」と。「そうか…facebookやTwitterに置き換わるプラットフォームなんだな」と感じたんです。恥ずかしながら知らなかったんです。すでにYouTubeでスターが誕生していたのにも関わらず…

ちょっとした瞬間ですし、YouTubeをすでに知っている…分かっている人ならなんてことのないことだったのかもしれませんが、ボクはそれ以降YouTubeを意識し始めたように感じます。

ドローンを買ってYouTubeにアップ!

それからボクもYouTubeにアップすることをしました。当時はまだ珍しかったドローンPhantom3をゲットしたのを基に。

サーフィンをする友人がオーストラリアから来ていたので、サーフィンついでにドローン飛ばした時の動画。懐かしい。

これから動画2.0の時代に突入!

され、これから4Gから5Gになっていくことで、本格的に動画の時代がくると言われています。

YouTubeを始め、思いもよらないプラットフォームが登場しては消えて、限りある優れたプラットフォームが生き残っていくことになると思いますが、一体どんな動画時代になっていくんでしょうか。

ボクは一先ず淡々とYouTubeを頑張ってみようかと考えています。
今とても中途半端にやっているYouTubeですが、まだまだこれからガンガン伸びていくプラッフォームだと思いますから、Vlogを中心にコンテンツをアップしてこうと考えています。

何より、自由に発言出来き、自分の思ったままに発信出来るYouTubeはかなり楽しいですからね。
さて今日は先日行った淡路島で撮ったVlogを編集してみます。

DAISUKE KOBAYASHI – YouTube

そんな訳で是非是非YouTubeチャンネル登録していただけたら、頻繁に更新すると思いますのでよろしくお願いします。
男子が興味が湧くようなコンテンツとなっていると思いますので更新をお楽しみに!

広告

LEAVE A REPLY

*

広告