主夫のフォトグラファー・ビデオグラファーは家事もコンテンツに出来ます📷

広告




主夫のフォトグラファー・ビデオグラファーは家事もコンテンツに出来ます📷

こんにちは。
映像制作を中心にクリエイター業を営んでいる小林大介です。

ボクは映像を作っているのがメインですが、写真撮影仕事もちょくちょくやっております。

で、ボクは写真撮影や映像制作が仕事の枠を越えて、プライベートでもガンガン撮っちゃう癖がありまして、これは職業病とかそういうレベルではなく、ただ単に好きで仕方がないんだと、自分を冷静に俯瞰してみて感じています。

そんなボクは主夫もやっているんですが、子供がいるわけでありませんので、主にご飯を作っています。

ボクは洗濯なんかは超苦手だったりするんですが、結構ご飯を作るのは好きですし、妻は多分一度もボクにご飯を作ってくれたことがありませんので、ボクが作るようにしています…というか作らないとご飯がありません…

そんな時、写真を一緒に撮ったりすると結構楽しくてオススメなんですよね。

DSC06268.jpg
パエリアを作ってみた時に合わせて写真も。動画も撮ってましたし。

料理しているとついつい料理に集中してしまいますし、料理が出来た後に写真を撮っていたりすると、折角作った料理が冷めてしまったりすることもあるので、程々に撮るようにはしているんですが、これが本当に楽しいし、何よりコンテンツ…というか写真ネタ、もっと言ってしまえば「作品」を作ることが出来るんですよね。主夫業と合わせて。

なので、フォトグラファーやビデオグラファーと主夫って結構一石二鳥で楽しめるので、是非フォトグラファーの人なんかは主夫をやってみることをオススメしますね。

逆にフォトグラファーを目指している人は主夫業をやってみると、思わぬ写真技が磨けるのかもしれませんね。

因みにボクはフォトグラファーとしてもビデオグラファーとしても主夫としても真剣に料理動画を撮ってみたら、結構料理撮影のお仕事が舞い込んでくるようになりました。

なんでも真剣にやるとよい作品が作れるものですね。

DSC06187
魚を釣った時は刺身なんかも。

今、主夫をしている人がどれぐらい居るのか分かりませんが、ボクは主夫をすることは結構オススメですね。
今後こうしたブログなんかも仕事として積極的に書いていくので、そんなネタにもとてもいいですしね。

広告

LEAVE A REPLY

*

広告