2019年ボクがYouTubeに力を入れていく理由

広告




2019年ボクがYouTubeに力を入れていく理由

こんにちは。
映像制作を中心にクリエイター業を営んでいる小林大介です。

2019年はとにかくYouTubeに力を入れていくことに決めまして、これからバンバンYouTube動画コンテンツの企画撮影編集を行っていこうと思っていますが、なぜ2019年ボクがYouTubeに力を入れていくのかを、ボクの頭を整理しつつ(笑)ちょっと書いてみましょう。

YouTubeはシンプルに面白い!

まずとてもシンプルなんですが、YouTubeは面白いです。とても面白いです。
消費者として観ているのももちろん面白いですし、消費される側に回ってコンテンツをセコセコ作っているのもめちゃめちゃ面白いと感じます。

なので面白いからYouTubeをやっているってのが、一番の大きな理由と言ってもいいでしょう。

それで何が面白いのかって、だって企画から撮影、編集をして、アップして直接視聴者の反応が直に分かるわけじゃないですか。映像制作者にとってはこれほどストレートで面白いことはありません。

もちろん時には…というかボクのような零細YouTubeチャンネルには、再生回数という数字がモロに出るので、アップするたびに公開処刑を受けている気分ではありますが…

ですが、それも勉強になると思っていますし、自分の力の無さをモロに感じられる、とても良い場だとボクは受け取っています。

また映像制作者=良い動画コンテンツを作ることが出来る訳ではないと、動画を作ってアップするたびに本当に痛感しますし、多くのYouTuberから学ぶことは本当に山のようにありますね。

YouTubeは映像制作のトレーニングになる

2つ目に映像制作の良いトレーニングになると考えています。

ボクは映像制作者といっても、例えばテレビ局に勤めて毎日バリバリ編集をしているわけでもないですし、毎日スタジオに籠もってカメラマンをしている映像制作者ではありません。

企画からディレクション、撮影から編集までを一人でこなすビデオグラファーとして活動をしております。なので一年間でお仕事で映像を作る本数って実は結構限られてきます。

一日で撮れるような小さなイベントを撮ることはあまりなく、企画からディレクション、撮影、編集をすべて含めると三ヶ月にもまたいで撮影をしていたりすることも多く、今年もそんな案件が数本ありましたし、実際に今でも半年近くにまたがって撮影をしている案件を請けています。

なので、多くても月に2本撮って編集作業という感じなので、年間24本も映像を制作をすれば良い方です。
そう考えると、一年間で映像制作24本って経験としては結構少ないわけじゃないですか。

ボクはとにかく数をこなすことで映像へのクオリティがあがると考えているし、基本的に一人でやっているため、撮影時のトラブルは絶対に避けるべきだし、編集時に無駄に時間がかかるコストを絶対に削減したいと考えているため、YouTube用に動画を企画し、撮影し、編集することは、自身の映像制作のすべてのクオリティをアップすることに繋がるです。

もちろんわざわざYouTubeにアップする必要は無いといえば無いんですが、アップしないよりアップした方が圧倒的に学ぶことが多いですからね。再生回数とか(泣)

今年で言えばそうですね…仕事と合わせて動画を作った本数は100本は越えていると思うので、非常に良いトレーニングになったなと思っています。100本と言ってもまだまだ経験としては少ないと思いますので、今後は更に加速してYouTubeに動画をアップしていきたいなと思っています。

おかげでPremiereProを使った編集スピードも格段的に早くなりましたし、出来なかったことが出来るようになりましたしね。

来るべき5Gに備えて

あとこちら。5Gです。
5Gって何って方はもっと世の中の動向を学ぶべきだと思いますが、ざっと説明をすると、通信速度が3Gから4Gになったことテキストコンテンツ消費時代から静止画消費時代へとかわりました。
それによって考えられなかったビジネスが生まれ、思いもよらなかった人たちが注目を集めることになりました。例えばブロガー<インスタグラマー。

5Gは4Gのそれの100倍の速さで通信が出来ると言われているため(3Gから4Gは10倍)、もう速いなんてものではないぐらいの速さなんです。4K動画が数秒でダウンロード出来るという例えをよく聞きますがそういうことです。

当然4G時代になった時と同じく、思いもよらなかったビジネスが生まれることは言うまでもありませんし、今以上に個人が活躍することは間違いがないと思います。

そこで分かりやすく考えられる消費コンテンツは動画。今動画コンテンツの消費が、InstagramやFacebookを閲覧していると、以前よりは多くなってきてはいますが、5G時代に突入したら今とは比べ物にならならないぐらい動画が消費されていくことになるでしょう。

そうなった時の事前の準備として、ボクは確実に今以上に大きなマーケットとなっているYouTubeというプラットフォームで活躍をしていたいと考えているのです。

このあたりは明石ガクトさんの動画2.0を読んでみるとかなり勉強になるかも。

また、正直ボクはYouTubeはお金になると考えています。

YouTubeに広告を貼ってマネタイズする方法という意味でもそうですし、ある程度チャンネル登録者数が増えたことで拡散出来る力を持っていれば、今以上にクライアントから予算を請求出来るという意味でもそうですし、また、「あなたにこの商品のPR動画をあなたのYouTubeチャンネルで紹介して欲しい!」という企業案件も増えるでしょう。実際、YouTube広告の審査がなかった時にアップした動画はいくらか稼げましたしね。

なので、ボクはこうした理由から徹底的に2019年はYouTubeに力を入れていこうと考えている次第です。
もちろん、YouTubeチャンネルを育てていくことは、かなり難しいことだと思います。

撮影に編集に一体どんだけ時間がかかるんだよ!ってぐらい時間がかかる時もありますので、時には心が折れそうになることは今からでも想像に難しくありませんし、ひたすら頑張れたところでその頑張りが報われるとは限りません。

ですが、ボクはYouTube。このプットフォームの面白さにかなり取り憑かれてしまったので、やるしかないのです(笑)

これからどんな動画を皆さんにアップ出来るのか?
自分のことながら今から楽しみで仕方がありません。

そんな訳で是非是非YouTubeチャンネル登録していただけたら、頻繁に更新すると思いますのでよろしくお願いします。
男子が興味が湧くようなコンテンツとなっていると思いますので更新をお楽しみに!

DAISUKE KOBAYASHI – YouTube

カメラ機材や写真、映像制作、ドローン、釣り、猟、DIY、料理などなど、フリーランスだから出来るライフスタイルをクリエイティブにお届けします。

ブログもめっちゃ書いていく

合わせてブログもめちゃめちゃ書いていこうと思います。
YouTube動画を制作する前にこうしてブログなんかを書いておくと、頭が整理されるためいいんですよね。

正直YouTubeに動画をアップしただけでは観てくれませんし、自分で集客していかないとチャンネルも全く育ちませんしね。

2019年はブログとYouTubeの年となりそうです。

広告




LEAVE A REPLY

*

広告