使われなくなった古いスピーカーを復活させるBluetooth搭載の小型デジタルアンプを部屋に設置して音響を改良!

広告




使われなくなった古いスピーカーを復活させるBluetooth搭載の小型デジタルアンプを部屋に設置して音響を改良!

こんにちは。
YouTube動画クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです。

テクノロジーの発達により、世の中多くのモノが小型化をしましたが、スピーカーもまさにそれということが出来ます。

DSC04040

こんな小型のBluetoothスピーカーで映画なり音楽なりを楽しむようになって数年が経ちますが、いつからか音質が物足りなくなってしまいました。なんというかスピーカー自体が小さいので、音がこもるというか全然厚みがない…

そこで部屋の音響やスピーカーをなんとかしたいなと考えていまして、妻に昔のスピーカーがどこかに眠ってないか聞いてみた所、なんとあったのでそれを使って部屋の音響を良くすることにしてみました。

詳しくはこちらのYouTube動画を観ていただけたらと思いますが、安価な中国製のBluetooth搭載のアンプとスピーカーを直接繋げば、あっという間に昔のスピーカーが復活し、部屋の音響もグッと厚みが出て良くなりました。

ちなみに今回試しに購入してみたアンプはこちら。

非常に安価に買え、サクッとセッティング出来たので、余っているスピーカーとかあるなら、正直小型のBluetoothスピーカーなんかを買うよりもずっとお得だと思います。

DSC04043

今日からボクの部屋の新しい音響システム。机の足元にとりあえずおいてみました。
もっと時間に余裕が出来てきたら、真空管プリアンプなどもかまして、レコードで音楽を聴きたいなとも考えています。

デジタルテクノロジーの行き着く先がこれから先どうなっていくのか全く読めませんし、全くわかりませんが、ボクのように古くからあるテクノロジー、もしくはノスタルジーと言い換えることが出来るのかもしれませんが、こうして原点回帰をしていく人も、今以上により多くなっていくのかなと感じています。

ボクはレコード世代ではなく、カセットテープ世代〜CD世代なんですが、敢えてレコードで音楽を聴いていた時代もあるため、レコードの音の良さはよく知っているつもりです。なので、こんな今のような最速テクノロジー時代に過去のノスタルジーをどこかに求め始めているのかもしれません。

映像を作っていても、もちろん4Kはめっちゃ綺麗ですし、さあいよいよ8Kの時代に突入するぞと、準備をしてるわけなんですが、4K,8Kでは絶対に表現出来ない、どこか懐かしさを感じる映像をいつも制作したいと考えています。

ブラウン管時代のRGBがズレたあの表現、音質のモノラル感、フィルムのざらつき感、16:9じゃなく、4:3。そうした表現で映像をいつも制作したいと考えていたりします。

そんなボクのノスタルジー?もしくは古いモノと新しいモノを融合させようとしている新しい試みなのかもしれませんが、今回の古いスピーカーを復活させて使うのも、そんなひとつなのかもしれません。

YouTubeチャンネル登録お願います!

2019年は全力でYouTubeチャンネル育てています!
もし興味が湧きましたら、是非YouTubeチャンネル登録していただけたら、頻繁に更新すると思いますのでよろしくお願いします。

DAISUKE KOBAYASHI – YouTube

カメラ機材や写真、映像制作、ドローン、釣り、猟、DIY、料理などのライフスタイルをクリエイティブにお届けします。

DSC04008

広告




LEAVE A REPLY

*

広告