DAISUKE KOBAYASHI

GOT CREATIVE!

ブログ

広告

Vloger向けにLUTを制作したのでBASEで販売スタート!

こんにちは。
動画クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです。

今日はゴールデンウィーク3日目の真っ只中。
ボクは毎日変わらず、淡々と家に籠もって作業をしている毎日ですが、さてこの二日間どんな作業をしていたのかというと…

LUTを作っていました。

一般の方や動画を制作しない方にはおそらくLUTとは聞き慣れない言葉ですが、LUTとは簡単に言ってしまうと、LUTをあてることで色がいい感じのってくれるモノです。

ボクは通常こんな感じの浅い色で映像カットを撮っているんですが…

DK-4Vloger.jpg

LUTをあてるとこんな感じになります↓

DK-4Vloger.jpg

一気に色をのっけることが出来ました。
これをカラーグレーディングといいます。

事前に浅い色で撮っておくことで、後から色を足す際にある程度自由度が出るため、映画のような深い色から、通常規格の色などに合わせやすくなるため、ボクはいつもこの撮影方法で撮るようにしています。Log撮影といわれるモノですが、映像の世界では基本ですね。

そんなLog撮影した時のためにあてるLUTをこの二日間は部屋に籠もって販売用にひたすら制作をしていまして、なんとか完成させることが出来ましたので早速販売を開始しました。

LUTの販売がメインっぽいですが、カラーグレーディングの方法を簡単に学べる方がメインですので、このLUTを使って是非試してみてください。

簡単に動画を撮れる時代になった昨今、今後も益々動画を撮る人口が増えていくと思いますし、それを機に動画を本格的に撮りたいと考える人も多くなるでしょう。また、本格的にとは言わないまでも、Blogならぬ、Vlogを撮る人も多くなっていくでしょう。

そんな「Vlogを撮ってみたい!」と考えている動画制作の入り口にいる方々に使ってもらえたらと思っておりますし、そんな方々の顔や動画のカットをイメージしてLUTを制作してみましたので、一般的なシネマチックLUTよりも扱いやすいかなと自負しております。

YouTube動画にて

YouTubeでも動画をアップしていますので、こちらも是非観ていただけたらと。

制作したLUTは3つ

それで制作したLUTは今回は3つ。

DK-4Vloger.jpg

一般的にオーソドックスに使いやすい「DK-4Vloger」
映像の色の要である黄色と青を少し強調したLUTとなっています。

DK-4VlogerO&T.jpg

そしてこちらはさらに黄色と青をきつくした「DK-4Vloger O&T」
ティールオレンジといわれるLUT、手法が映画の世界ではありますが、それをイメージしつつ、Vlogに使いやすそうなLUTに仕上げました。

DK-4VlogerVintage.jpg

3つ目は彩度を落とした「DK-4Vloger Vintage」
時々彩度を落として使いたいシチュエーションに対応してくれます。

今回制作したのはどれも使いやすさを求めてみましたので、いわゆるシネマチックな仕上がりにはなりませんが、現実らしさと非現実感の間を表現するには最適なLUTとなっています。

「Vlogを撮ってみたい」「動画を制作してみたい」「LUTってなんか気になってた」「あの動画ってどうやって色だしてるんだろう?」と考えていた方は是非これを機にLUTを使った動画制作にチャレンジしてみてください!

LEAVE A REPLY

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください