DAISUKE KOBAYASHI

GOT CREATIVE!

ブログ

広告

SONY a7RⅣはオリンピック向けの機種なのかなと感じた雑記

こんにちは。
動画クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです。

発表されましたね SONY a7RⅣ。
新しいカメラボディが発表されるなんて全く思ってもいませんでしたので、ニュースを見た時はめっちゃテンション上がりました…が、「あれなんでa7SⅢじゃねーんだ?」と一気に不満にも。

今回はそんなボクの私感をここに書いてみたいと思います。

なんでa7SⅢじゃないんだ?

もうとにかくコレです。
a7SⅢの発表を、もう一年以上も前から待って待ってしていますが、一向に発表されずにまさかのRシリーズを先に出すという、謎のSⅢ飛ばしと来ました。

昨年の11月ごろから近々発表されると言われつつも、未だに発表すらありませんし、もうこのまま発表されないんだと思っているぐらいです。

もしかしたらa7RⅣの動画性能が半端じゃないのかも

あ!もしかしたらa7RⅣの動画の性能が半端じゃないのかもと思いましたが、いや全くそんなこと無いっぽいです…多分a7Ⅲと同等…もしくはそれよりも劣るぐらいの性能だと思います。特に感度に関しては超高画素機なため、それなりに犠牲にしている所は重々にしてあります。

オリンピック向けかなと

オリンピックが近づいてたこともあり、そんなオリンピック向け機種なのかなと感じましたね。

最近出た200-600mmの超望遠レンズにしてもそうですし、オートフォーカスの性能をアップしていく様も、明らかにオリンピック向けと考えることができますよね。

6000万画素を超える超高画素機を使って、600mmで動物も撮れちゃうオートフォーカス性能を持ったカメラってもう最強じゃないですか。

オリンピックの映像用にミラーレス一眼レフは必要ないですもんね。

このままa7SⅡ、もしくはBMPCC4K

ということで、SONYが映像用のミラーレス機に力を入れるのであれば、それはきっとオリンピック向けの機材が出揃ってからなのかなと感じています。

まだしばらくは愛機a7SⅡを使用していきますが、どこかのタイミングでBMPCC4Kに乗り換えるタイミングが来るかもしれません。

 

LEAVE A REPLY

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください