ABOUT

広告

小林 大介 – DAISUKE KOBAYASHI

愛知県一宮市出身
庭師、ミュージシャン、ウェブ制作などを中心に愛知県で活動後、オーストラリアに移住。
バイロン・ベイという素晴らしい地域に出会い、そこを中心に約2年間住んだ後、徳島県南部の田舎町に定住。
2014年からは映像制作、写真撮影、ライターを中心にウェブコンテンツ制作や、釣り師、猟師などのプリミティブな活動もしており、デジタルとアナログの両極端を行き来するマルチクリエイターとして活動中。

映画、音楽などのアーティスト作品を幼少の頃から好み、日々研究しており、そうしたモノたちに影響を受けてきたのは図り知れず、映像や写真などのクリエイティブな表現へと繋がっています。

 

影響受けたモノ
Favorite

影響を受けた映画監督

影響を受けた音楽

影響を受けたドラマー

影響を受けた漫画

物語
Story

1980年
10月20日、小林家の次男として生まれる。
1984年
幼稚園の近くの絵画教室に通う。とにかく絵を書くのが大好きだったし、先生を教室に閉じ込めるいたずらも大好きだった。
1986年
『鳥山明のヘタッピマンガ研究所 あなたも 漫画家になれる!かもしれないの巻』に影響を受けて、将来漫画家になりたいと考えていた。実は鳥山明が隣町付近に住んでおり、そこでドラゴンボールの原稿をジャンプの連載に間に合わせるためにせっせと書いていた事を知ったのはつい最近になってから。
1988年
『ザ・ブルーハーツ』のライブに尾宮くんと行く。生まれて初めてのライブだったので緊張していたのを覚えているが、河ちゃんの『真夜中のテレフォン』はそれ以上に忘れられない。確か『バスト・ウエスト・ヒップ』のツアーライブだったように思う。これ以降、ポップスに全く興味を示すことなく、パンクやロックを追求し始める。
1992年
『ファイナルファンタジー4』を澤田くんに勧められてやってみたら面白すぎてドハマリした。澤田くんは土曜日に家に遊びに来てモスバーガーを4個も食べていく、図々しくも面白い奴だった。
1994年
家を立て直すから近所のボロ屋に引っ越す。中2の夏休みだったが『青春の影』というトラウマ級なドラマなどの影響もあってか?この時の思い出が今でも強く残っている。これが中二病の病原菌というやつなんだと思っている。
1995年
小林克也のラジオで聴いた『Red Hot Chili Peppers』Warpedが異常にかっこよかったのでCDを買う。他にも『Green Day』や『Blur』などに惹かれはじめる。
1996年
田舎はダサいやつが多いから都会の高校に行きたいという捻くれた理由で、名古屋の都会の高校に進学。限界集落に住む今では全く考えられないが、毎日通勤ラッシュの地下鉄で通っていた。当時は都会がかなり楽しかった。
1996年
兄に観せられた『UK/DK』で完全にパンク/ハードコアを聴き始める。『The Clash』などに影響を受けつつも、『Discharge』『Exploited』『Disorder』などのハードコアバンドからスキンズOiパンクなど、イギリス〜ヨーロッパの80年代のバンドを掘り下げまくり、名古屋-大阪のパンクシーンにどっぷりと浸かる。
2001年
ギターをやっていたがドラムに転向する。このあたりからロックンロールやジャズ、ブルースに興味を持ち聴き始める。特に『Art Blakey』のドラミングや『Evlin Jones』のダイナミックさには度肝を抜かれていた。因みにこのウェブサイトのURLはその『Evlin Jones』の出生名を付けてしまっているほど、影響を受けている。
2002年
高校生の時からなんとなくバンド活動はしていたけれど、本格的にバンド活動をし始める。『Blankey Jet City』の影響を多分に受けたバンドだった。これ以降はひたすら音楽にのめり込み、ジャズ、ブルース、ソウル、リズム&ブルース、ファンク、ハードロック、フュージョンなどの音楽を聴いては研究をしたし、映画も毎日観まくっていた。レンタルビデオショップに行って毎週4本のDVDと5枚のCDをレンタルするのが日課だった。お陰で耳と目の解像度が異常に上がったが、反面ドラムをやり過ぎて普段使いの耳は非常に悪い。
2007年
音楽好きが高じて、音楽が生まれた街『ニュー・オリンズ』へ行く。夜のフレンチクォーターを歩けばどこのバーも『Dr.John』スタイルのミュージシャンだらけでライブだらけ。『The Meters』のメンバーにお会いしたり、5時間以上も練り歩く本場のセカンドラインに参加したり、地元フェスに行けたり、『Common』が目の前にいたり、本場のガンボを食べたり、カフェ・デュ・モンドの美味さにビビったり、素晴らしい経験が出来た。
2007年
インターネットとコンピューターに興味があったため、WEBサイトの作り方を学び始める。毎日ひたすらコードを模写して、サンプルウェブサイトをいくつも作っていたらいつの間にか書けるようになっていた。20代前半にドラムのトレーニングで、とにかく毎日反復練習をしたらスキルが伸びるということを理解していたため容易だった。
2011年
WEB担当をしていた会社をやめ、目的は何もなかったがオーストラリアに行く。バイロン・ベイという所にたまたま行き着き、大好きな街となる。ストレスを抱えて生きてきたつもりはなかったけど、この街に住んでから驚くほど身体が軽くなった。初めて自分はストレスがあったことに気づく。一緒に住んでいいた方が寿司屋のオーナーだったためそこで働く。料理や包丁の使い方、魚の捌き方はこの辺りから覚えていった気がする。
2013年
ALSという難病で7年間闘病をしていた父が亡くなる。この時自分の人生をもっと自分らしく生きようと決意した瞬間だった。

過去にアイス・バケツ・チャレンジというチェーンメールのようなモノが流行ったが、趣向は理解するべきではあるが、ALSを間近で知っている人間からすると本当に不愉快なモノだった。物事を多くの人々により知ってもらうために、バカであればあるほど広がりやすいという事実は、本当に残念でしかない。

2014年
オーストラリアから戻り、徳島県に移住。とにかく海の近くに住みたかったのでどこでも良かったというのが正直な所だが、クラゲのようにのんびりとした人たちが多く、自分にはとても住みやすい町だと感じている。この時カメラも始めた。毎日写真を1000枚ぐらい撮っていたら仕事が舞い込んで来るようになった。
2016年
『DAISUKE KOBAYASHI』という屋号で個人事業主として開業。若い頃から音楽、映画などのサブカルチャーで培ってきた耳や目や感性と、2014年に始めたドローンやミラーレスカメラに代表するテクノロジーの進化によって、映像制作をしていくことが自分の中でクロスしたのだ。

2020年
『あることを達成するには最低でも7年の年月をかける必要がある』と、ボクが非常に尊敬している高城剛さんが常々おっしゃっているのですが、2013年にボクはある計画しました。それから7年…カメラを始め、映像を制作し始め、今ではそれを仕事としている。2020年はその計画の節目。また7年かけて新しいことを始め、そこに向かってチャレンジしようと考えている。そしてその計画はHAPPY以外何者でもない。

コンセプト
CONCEPT

ひとりのクリエイターとして出来ることは何か?
追求していくうちに見えてきたひとつの答えが、企業やお店を営まれている方の『お客さまとなる方への価値の提供』でした。

映像や写真、ウェブを使い、クライアントさまのブランディング、マーケティングのためのデジタルコンテンツを、決してチームでは出来ない意思決定やスピード感を持って制作させていただきます。

 

お問い合わせ
CONTACT

映像制作、写真撮影のご依頼、不明な点やご要望などありましたら、
お気軽にお問い合わせください。