ブログ, 写真

懐かしい写真

徳島県で映像クリエイターとして活動をしている、DAISUKE KOBAYASHIです📸

映像のお仕事をしているとハードディスクが山積みになっていくのだが、これの管理がまあ酷い…

酷いとは語弊があるが、ボクのようなお仕事はデータが命なので保管に関してはかなり慎重。いや…相当慎重です。お陰で今までデータを無くしたことは一度もありませんし、もし無くしたとしたら絶対に死にたくなってしまうだろうから、とりあえず大事なデータはハードディスクに突っ込んどけって感じでガンガン入れています。

後は日付でソートできるようにしておいて入れっぱなしです。で、映像なんかを撮っている方なら分かると思いますが、撮ったデータに対してオッケーカットとなるのはほんのごく一部。割合にして1/50〜1/100ぐらいでしょうか。なのでデータ容量にしたら100ギガ分撮ったら使うのは1ギガとかそんな感じ。下手したらもっと少ない場合もあるため、使わないと判断したデータなんかは日々の仕事でどんどん山積みになり、フォルダの奥底へと埋もれていきます。

そんなデータに日の目を見させたのが有名なところだとThe Beatlesの『Get Back』ってわけですね。なのでアレの感覚はすっごいよく分かるのです。

そんなボクもデータを見返すことが3年に一度ぐらいありまして、ここ数日は昔のデータたちを軽く見漁っています。

で、出てきた写真たち。すっごいいい写真だなと思って載っけることにしました。かれこれ5年近く前の夏の一コマかな。記憶が定かではないけど、ロシア製オールドレンズ『Helioss44-2』を使ったり、SONYの55mm、24-70mmm/F4なんかを使っていたように思います。

現像はCamera Rawで軽く仕上げ、最終仕上げにPhotoShopで3dLutをあてているように思います。

 

なんというか、ボクは夏の日差しがすっごい好きだ。これほど混じりっけなしにダイレクトな色になるのは日本では夏以外にはありません。撮影に最高の季節です。

今年も7月。絶好の撮影日和が始まりました!

と言いたいところですが…娘が保育所に通いだしてからというもの、娘からのウイルスに感染してしまい、2度調子悪くなってしまって完治しかけていましたが、安心したのもつかの間。またなんだか調子が悪くなってきて悶々とした日々を送っています。子どものウイルスすごすぎー。

ってことで、今年の夏は過去のデータもそうですが、自分の身体を見なおす時期と、娘が教えてくれているのかもしれませんね。

 

そうそう、そういえば以前写真用のプリセットを無料でダウンロード出来たり、Baseにて有料で販売していたりしましたが今年からまた再開してみようと考えています。合わせてボクが今自身でめちゃめちゃ気に入って使っているパラコード製のストラップや、今まで撮ってきた思い出の写真も販売出来たらと考えています。