ブログ, 写真

出張写真館の準備をしていて…

映像クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです📸

2024年から新しい取り組みとして出張写真館を始めてみることにしました。

先日サンプルで撮った写真。

で、現在、色々と準備している段階でして…合わせて良いタイミングで取材を受けたので必然的にまとめなきゃってことで、それの経過について書いていきたいと思います。

何かしら名前はあった方が良いよねってことで、ボクが始めている撮影サービス『Photo & Movie Creation 《MEMENTO – メメント》』から取って『出張写真館 MEMENTO』としたいと思います。

それで、コンセプトというべきか、テーマというべきか。それをきちんと設定してやらないと軸がブレるってことで、頭の中にあることを言語化してみました。こんな感じ。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

『毎日がスペシャル』とは、山下達郎の妻・竹内まりやの30枚目のシングル曲ですが、竹内まりやと同様にボクは『毎日がスペシャル』と考えて日々を生きておりまして、そんなコトをコンセプトに何かをはじめてみよう!と思い、この度『出張写真館 MEMENTO(メメント)』をはじめることにしました。

人物だけの写真も素晴らしいのですが、何か想い出の品などがあれば、その「瞬間」を色濃く強く残すことが出来ます。一緒に残したいモノやコトをご持参いただき、素敵な写真を未来へ残させていただきます。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

と、こんな感じなのですが、ボクの経験上、単純に人物のポートレート撮影となるとなんだろう…結構行き詰まるんです。

…というのはどういうことかというと、撮る側から「笑って〜」「ちょっとこんな感じに」なんてアプローチしなければいけなかったりするんですが、「笑って〜」と言って誰が笑うんだって話なわけです。では笑わせなければいけません。撮りながら会話して笑わかせようとしますが、どこまでいっても愛想笑いの延長になってしまいます。要は撮影中に本来の笑顔を引き出すのは難しいのです。まあ人によっては簡単な人もいますが…

だから撮る側も撮られる側も言葉にならない空気を読みながら撮影が進むため、「変な空気」の中で撮影をしなければいけなくなります。それを避けるにはどうしたら良いか?と考えた時に思ったのが、想い出の品。

人は何か想い出の品が近くにあるとホッとします。それがたとえレンズを向けられていても。そしてそこからお話に花を咲かすことも可能になるため、撮影がグッとしやすくなり、結果、良い写真を残すことが出来るようになるんです。

なんせ相手はモデルでもなんでもなく基本的に撮影に全く慣れていない素人です。そうした素人さんを撮るならこちらが何かしら工夫をしてやらなければいけません。

今回のサンプル写真の例なら、保護犬を迎え入れることになったタイミングで撮れたのはとても良い例。新しい家族が増えたのなら顔も自然と和らぎますよね。

そしてこのワンちゃん、生後3ヶ月だそうです。見てわかりますがこれからどんどん大きくなりますので、この瞬間は本当に貴重。

ってことで、はじまった出張写真館。

おおよその準備は出来てきて、あとはそれを固定でウェブページも制作しようかなーと考えています。『Photo & Movie Creation 《MEMENTO – メメント》』に。

って感じです。

あとは広報。人集めです。

さてどうやって広報しようかなと考えていますが、狭まった田舎の地域での開催なので来れる人は限られています。ので地道な感じでの広報になるかなと思っていますが、それ以外に可能性を探りたいなと思っていたりします。

可能性とはどういうことかというと、例えばボクのWebサイトやYouTubeを見てくれている人が来てくれるような…

来たくなる出張写真館。それについてはまた次回にでも書いてみたいと思います。