ブログ, 釣り

アフター回復気味のメバル釣り(2022年釣行13日目)

こんにちは。
限界集落に住む映像クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです。

極寒期2月は流石に厳しかったメバル釣り。3月頃からは水温の上昇とともに産卵を終えたメバルたちも徐々に釣れやすくなるように感じているので、そろそろ釣れるかなと思いワクワクしながらいつも行っているポイントへ行ってみた。

見た感じ全く潮が動いておらず、潮も引きまくり。釣れる雰囲気が全くありませんでしたが、ブレイクをダート系ルアーで探っていたらコツンとヒット。

この引きは!と思ったら案の定シーバスでした。50cmほどでしたがなかなか筋肉質で美味しそうでしたので持ち帰り。早速サラダの上にのっけて唐揚げでいただきましたがむちゃくちゃ美味かった!

その後ダート系に全く反応がないので2gのスローリトリーブで下の方を探っているとコツンと。またシーバスかと思いましたが良いサイズのメバルでした。27cmでした。しかもブルーバック。お腹の中はオキアミでいっぱいでしたね。アフター回復系って感じなのかな。

その後はメバルを二匹追加して二時間ぐらいで釣行終了。もう少し釣りたかったけど、久しぶりに魚が釣れた気がするので良しとします。

因みに今回使ったロッドはAbuGarciaの「Zoom Safari」の605L。50cmのシーバスも余裕でした。

そしてダート系ジグヘッドは毎回これ。漁師パックがコスパ良くてオススメです。