ブログ, 釣り

初冬のヒラセイゴとアジ釣り

映像クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです🎣

まあヒラセイゴが釣れて釣れて、そんな釣りの話です。

小さいので持ち帰るのもアレだな…なんて思ったけど、狩猟民族としての血が騒ぐぜ!ってことで戦利品として持ち帰り。最大サイズで30cmぐらいでしょうか。

ある一定の時間になると時合いが訪れ、あたりが頻繁にありまくるんだけどなかなかフックアップまで至らない…なんてことを10分ほどやった結果、4匹だけ持ち帰ってきました。

↑一応ヒラスズキを狙って釣行に出かけていますが、案の定ヒラセイゴしか釣れなかったという話です。

その後時合いは終わり、あたりが遠のいたのでアジ釣りに。実はこの日の釣りはこっちが本命。

…というのもとある記事にアジ料理を寄稿することになっていまして、それの素材用と撮影用です。

釣り系記事の執筆は、①釣りをして②魚を釣って③撮影して、さらに今回記事の場合だと④料理する必要があって、もう手間だらけなので釣りが好きでなければ絶対にできない仕事だなーなんて思います。

自分がやっておいてなんですが、釣りを仕事にするのはオススメしません。

で、アジはこの日だけでこれだけ釣れたわけではありませんが、10匹ほど釣れた日でした。それよりも20cmにも満たないヒラセイゴの活性が異常に高く、アジよりもヒラセイゴ祭りって感じでしたね。

釣り場でアジバサミゲット!超便利!そして失くしたと覚えある人はご連絡を。お返しします。

アジは酢じめやらタタキやら握りにしていただきました。手間だけどアジはいつ食べても旨い!

毎年大体これぐらいの季節になるとヒラセイゴが元気になるのですが、例年との違いを比べるならサイズが小さい…

これ多分水温の高さゆえだと思うのですが、今年は暖冬ってこともあり水温がまだまだ下がりきることもないので、魚まだ成長しきれないんじゃないかなーなんて思っています。

例年だとこれぐらいの時期なら35cmぐらいのがバンバン釣れるはずですが、ちょっと小ぶりなんです。

35cmぐらいが釣れると釣りごたえがあって結構面白いのですが、20cm~だともうちょっとって感じですね。

でも、面白かったから今日も行ってみようかな…