カメラ, ブログ

自宅を簡易スタジオ化して撮影

徳島県で映像クリエイターとして活動をしている、DAISUKE KOBAYASHIです📷

今日はとある撮影のために自宅のスペースを簡易スタジオ化しましたのでかるくご紹介。

 

システマチックにする撮影していく必要があったためスタジオ化です。一軒家だとこうしたことができるのが非常に便利です。

照明は先日メーカーから送っていただいたCOLBOR CL220。これぐらいの規模だとすっごい使いやすくて重宝しています。

そこにSmallRigの小型ソフトボックス。折りたたみできるのでこれまた外に持ち運ぶ時にもすっごい重宝しています。

 

因みに後ろの白い箱はバンカーズボックス。これらに小物たちをまとめて入れておくとめちゃくちゃ便利で、今は18個使って整理しています。しかし最近思いっきり値上がりしてしまったので、安価なダンボールを使うようにしています。

 

普段はあまりやらないテザー撮影ですが、これからもっとテザー撮影が必要になるお仕事を獲得していこうかなと考えていまして、そんなイメージングで撮影をしていました。コンピューターはM1のMacBook Air。M2が気になる昨今ですが、M1でも十分にテザー撮影できますね。処理速度も悪くありません。

 

こうした真俯瞰カットが必要なシチュエーションではSILKのスライディングアーム2が大活躍。あるとないとではできる結果が全く違ってきますので、こうした三脚まわりのパーツも侮れないのです。

 

そして背景紙はこちらのモノをいつも使っています。白を使っていることが多いのですが、カラーもそれなりにそろっているので、例えばピンクがほしい!となった時にすぐに購入できるのがうれしいですね。なんせボクは限界集落のど田舎に住んでいますから。因みに配送は西濃運輸のおっちゃん。「これなんに使うん〜?」「撮影用の背景紙なんですよ」「なるほどな〜」なんて会話をしながらがいつも来てくれます。

 

 

こんな感じに今は限界集落で住居兼事務所兼簡易スタジオとして住んでいる一軒家ですが、将来的には街の方で倉庫を借りて猫のジョンのお家兼、撮影用のスタジオ兼、事務所&寝る場所を新たに作れたらなーと考えていたりします。いつになることやら。