DAISUKE KOBAYASHI

GOT CREATIVE!

ブログ

広告

魚を捌くアイテムをアップデート!

こんにちは。
動画クリエイターのDAISUKE KOBAYASHIです。

仕事柄釣りをする機会がめちゃめちゃ多くなり、ここ最近はほぼ毎日の様に釣りをしている…というよりも釣りをするようにしているんですが、当然魚もそれなりに釣れて、持って帰ってくることも多くなったということです。

ということは、魚を捌かなければいけないので、魚を捌く機会が圧倒的に増えました。

そんな訳で、新しく道具たちを購入しました。
左からウロコ落とし、内蔵を掃除するモノ、骨抜き、キッチンバサミです。

これらは以前から持っていたり、持っていなかったりで、魚を捌くためには必ず必要なモノではありませんが、持っておくと効率が上がるんですよね。

星三製作所 真鍮 ウロコ取り 大

ウロコは今までペットボトルの蓋か、包丁を使って取っていましたが、最近デカい魚を捌く機会も多くなったため、流石に包丁では効率が悪すぎるということで購入。

あとウロコ取りを使ったほうが怪我が少なくなりますしね。ただ今ウロコが左手の人差し指に刺さって負傷中。ウロコ取りならそんな心配はありません。

 

魚の内臓取り ササラ

DSC07947

こちらは結構重要。これがないと不便でしかありませんでしたがようやく購入。
内蔵を処理した時に付着している血などの汚れを綺麗にすることが出来ますが、今までは歯ブラシなどをつかっていました。

ただ、脂なども多いためすぐに汚れて駄目になってしまうので、この手の洗いやすくずっと使えるアイテムが必要だったんです。

魚の鮮度を保つためにはこちらは必須ですね。

 

パール金属(PEARL METAL)ステンレス製 骨抜き

こちらもよく今まで無くて魚を処理していたなという感じですが、中骨抜きです。
魚を捌いたことがない方は分からないかもしれませんが、魚には中骨という骨がありまして、それは刺身などにする時に結構邪魔になってくるんですよね。鯵とかの場合。
そんな中骨取り用ですね。

 

Henckels ヘンケルス キッチンハサミ

後はキッチンバサミ。今まで100均のモノを使用していましたが、いい加減切れ味も良さそうで、長く使えるモノを購入しようということで、こちらをチョイス。
使い心地はまだ使っていませんが、きっと良く切れてくれることでしょう。
魚を捌く時には主に腹骨のカットに使ったりします。魚によっては腹骨が以上に硬かったりしますからね。

 

というわけで魚捌きアイテムたちがアップデート完了!

魚を捌く動画も制作してたりするため、そんなことも考慮しての購入でした。

良い仕事は良い道具(価格が高いという意味では無く…)から。
こうしたアイテムを使って次回魚を捌くのが非常に楽しみです。

YouTubeチャンネル更新しています!

男子が興味が湧くようなコンテンツとなっていると思いますので更新をお楽しみに!

DAISUKE KOBAYASHI – YouTube

カメラ機材や写真、映像制作、ドローン、釣り、猟、DIY、料理などのライフスタイルをクリエイティブにお届けします。

 

LEAVE A REPLY

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください